スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなりインパクトのあるニュース‐その後 

一昨日のエントリーでBear Stearnsの状況のアップデートに関するニュースを取り上げました。本日、Bear Stearnsは、アナリストと投資家向けにカンファレンス・コールを行いました。その時の、Bear StearnsのCFOの発言が物凄いインパクトを与えるもので、このニュースの後に市場は大きく下落しました。これは、何と言っても、本日の一番のニュースだと思います。

以下、このニュースに関連する記事を添付します。

Bond turmoil worse than Internet bubble: Bear CFO
債権の市場の混乱(状況)は、インターネットバブルの時よりも悪い:Bear CFO)

Wall St tumbles on credit worries after Bear talks
(Bearの話の後、クレジットの懸念により(が高まり)、ウォールストリートは大幅な下落)

Bear Stearns' Cayne Goes AWOL
(Bear StearnsのCayne(CEO)は、AWOL(Absent Without Official Leave: 何も言わずに立ち去る((公式な発言なしにその場を立ち去る))

後で、この件を含め、今日の市場に関してまとめてエントリーする予定です。

世界の主要株式市場の最近の動き 

8月2日のWall Street Journal(米国版)Money&InvestingにForeign Stocks Fall on U.s. Alarmsと言うタイトルの記事が掲載されています。

この記事で、世界の主要株式市場の7月から8月2日までの株価の変動の割合と年初からの割合を比較したグラフが掲載されています。非常に興味深い内容だったので、この記事を元にグラフを作成したものが以下のものです。
20070803145700.png
Source: 
Foreign Stocks Fall on U.S. Alarms
A WSJ News Roundup
WSJ, August 2, 2007; Page C2

このグラフを見ると、日本以外のアジアの国々の株価は、今回の米国の株価の調整にも関わらず比較的堅調で、ヨーロッパの国々は米国よりも調整が進んでおり、日本はかなり下がっていることが分かります。

ヨーロッパの市場では、今週に入り、米国サブプライム関連の問題が、ヨーロッパのファイナンスセクターの会社にも波及(決算等でも影響が出てきている)しており、かなりニュース等でも取り上げられております。そういった意味では、調整が進むのはある程度理解できると思います。

日本は、ちょっと過剰に反応しすぎか?と言う視点は、ちょっと考慮に入れても良いかもしれません。もしくは、日本が先を行っているのかもしれませんが。。。個人的には、サブプライム関連の問題だけをとった場合は、一部を除けば、他の国と比べても影響が少ないはずなのですが。。。

(尚、数字に関してですが、私の計算では、日経平均株価の変動の割合が多少異なっています。データの取り方、元のデータが異なる場合もございます。あらかじめご了承下さい。細かい数値等に関しては、興味がある方は、ご自分でご確認くださいますようお願い申し上げます。基本的に記事のグラフを忠実に再現したつもりです。)

(ご訪問いつもありがとうございます。blogランキングに参加しております。ご協力いただければ、幸いです。)
banner_01.gif
人気blogランキングへ

日本株ポートフォリオ: 7月のパフォーマンス 

7月の日本株ポートフォリオのパフォーマンスです。

続きを読む

難しい判断 - 株価の分析について 

米国・日本株とも結構下がってきている様に感じられます。先週、米国の株に関しては、銘柄ごとに分析を行いました。それ以降も、殆どの所有している株価は下落しております。自分の分析の結果としては、現在の株価はアンダーバリューになってきているとの判断をしています。

しかし、株の市場価格と言うのは、結局、その時の市場の状況等でかなり異なるのも現実です。今後、市場環境が悪化して、さらに下がり続けることも、ありえないことではありません。適正価格の判断は非常に難しいです。そもそも、安い・高いと言うのは、何処を基点にして、何処の時点で見るかで、大きく変わるので、安い・高いと言うようなことは、考えないようにしています。

ちょっと、ここで、自分の過去の経験に関して書きたいと思います。

日本の株式市場がまだ低迷から抜け切れずにいた、2002-3年頃のこと(正確には覚えていません)ですが、トヨタとソニーの株は共に、3000円の前半でした。当時、この価格帯は、どう考えても、アンダーバリューだろうと言う判断から、両社の株を買いました。(ソニーは2005年頃、トヨタは今年、8000円を越えたときに売りました。)

結果としては、良かったのですが、購入後、ソニーに関しては、一年以内に2割程度上がり、非常に良い買い物ができたと満足していましたが、トヨタに関しては、一年後でも、余り株価は変わらず、購入のタイミングの判断を間違えてしまった、と反省していました。(おもしろいもので、今となってみれば、トヨタを購入したのは、結果としては、ソニーよりも正解になっています。)

続きを読む

今日の米国市場 

本日の市場は、終日上下に変動し、方向が定まらなかったのですが、終了間際に一気に上がりました。
20070802132233.png

本日の主なニュースとしては、7月の米国自動車販売の結果が発表され、市場全体としては9%の下落、さらにGMとFordはどちらも大幅な下落(-19%と‐17%)でシェアを落としています。(ただし、株価はほぼ変わらず)

日中に住宅販売メーカのBeazer Homeが倒産の申請を近々するのでは?の噂が飛び交い、一瞬混乱したようですが、Beazerが噂を否定する声明を出しています。

今日のインデックスの動きの最後の上昇を見ると、DOWが一番上がっています。やはり、リスクの観点から、今買うのであれば、安定した大手企業の株を、と考える動きが強い様に思われます。これで、明日以降も、市場が戻すのであれば、少し出遅れているNasdaq等Technologyの方にも買いが集まるのではと、思います。(個人的にもそれを期待はしています。) 

個人的には、楽観視はしていません。できれば、少しポジションを軽くしたいのですが。。。市場は依然として不安定で、とても、安心して一気に買いに走るような空気は感じられません。まあ、それが、Climbing a Wall of Worryなのですが、果たして、市場は再び、心配の壁を登っていくのでしょうか?

Bear Stearnsのファンドの件のその後 

昨日のエントリーで、「Bear Stearnsが破綻した2つのファンドに加え新たなファンドが破綻したことが明らかになった。」と表現をしてしまいました。正確には、「プライム等で構成しているファンドのひとつが、換金(解約)に応じることを凍結した」ことが明らかになったことで、これは、破綻ではありません。誤解を与える表現を使ってしまったことを、ここにお詫び申し上げます。問題があることは、事実ではありますが、表現が適切ではありませんでした。当エントリーでも修正しておりますが、こちらの方でも重ねてお詫び申し上げます。

尚、本日、Bear Stearnsのファンドの件に関連するニュースがありましたので、アップデートとして、取り上げます。

本日、Bear Stearnsの破綻した二つのファンドに対して、破産法のChapter 15を申請しました。Bear Stearns hedge funds file for bankruptcy

続きを読む

かなりのインパクトがあるニュース 

サブプライムローン関連のヘッジファンドの破綻問題で話題のBear Stearnsが、新たにもう一つのヘッジファンドが破綻していることをに関して、ファンドの引き出し(解約)に応じない方針を明らかにしたようです。(8/1 追記: 上記の様な表現をしましたが、正確には、ファンドの引き出しを凍結することを、発表しただけで、破綻していることを明らかにしたわけでは、ありません。誤解を与える表現をしてしまいましたことをお詫び申し上げます。ただし、ファンドの引き出しに応じないのは、今の時点で、(かなり)状況が悪化している、ということには変わりありません。この件、本日追加のニュースがありますので、それに関しては、コメントの方に追加いたします。)

関連記事: Bear Stearns halts redemptions in third hedge fund

記事によると、このファンドは、既に破綻した2つのファンドと違って、レバレッジもかけていなく、しかもサブ・プライムは1%以下で殆どがAlt-Aとプライムとのことです。Bear Stearnsは詳細を明らかにしていないようですが、これが事実とするとかなりのインパクトがあると思います。
続きを読む

今日の市場 (市場の方向性が見えてきた?) 

本日の市場は、朝は高く始まり、上昇機運だったのですが、午後から下がり始め、各主要インデックスは、1%を超える下落となりました。以下に、各主要インデックスの本日のチャートを添付します。ご覧いただければ、分かると思いますが、10時前後には、各インデックス、前日比で1%程度上昇しており、最高値から見た場合、2%以上の下落で、本日も1日の変動幅はかなり大きかったです。
31-July.png

今日の主なニュースとしては、GMが、$891M(1ドル119円換算で、約1060億円)の黒字になったと発表しました。(昨年は、$3.41B(同為替レートで、約4060億円)の大赤字) 倒産した、子会社Delphiにかかった費用等、一時的な出費を除いた場合、利益は一株当たり、2.48ドルだったとのことです。これは、アナリストの予想を大幅に上回っており、一番高い予想でも、1.64ドルとのことでした。好調の要因は、GMAC(ファイナンスのビジネス・ユニット)の米国外での利益が貢献しているとのことです。(米国内は、改善してはいるものの赤字) 株価は、午前中は前日よりも高かったのですが、終値は前日より低い値で終了しました。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。