スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回更新について 

皆様、

更新が滞っており、本当にすみません。もう一つのブログの方の更新が主になってしまう状態が続いてしまいました。

ご存知の事と思いますが、バークシャーの株主総会も近くなってきています。
数日中にバフェットの手紙の続きを中心として、更新再開を予定しております。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。今しばらくお待ち下さい。
スポンサーサイト

Goldman Trott氏、バフェット氏の後ろ盾を得て会社を始める 

バフェットさんのバークシャーの長年の取引担当・パートナーだったGoldman SachsのByron Trott氏が会社を辞め、自分の会社を興す事にしたと本日のWSJが報道しています。新たに始める会社には、バークシャーからも出資される予定です。名前は、Trott氏のイニシャルを使用したBDT Capital Partnersとなる予定だそうです。情報筋によると、開始時点での運用するファンドとして、約20億ドルに達するだろうと見込まれているとのことです。

WSJの記事によると、バフェットさんはインタビューで、投資・出資額はそれ程大きくない(”We’ll have a modest partnership interest,”, “We will not be the big dog,”)と語っていますが、バフェットさんの大きくないと言う定義は、バークシャーの通常の投資を基準にしているので、実際のところどれくらいなのか、興味深いところです。個人的には最低でも1億ドルは出資しているのでは、と想像しています。(まったく根拠のない、感覚的な数字です。)

バフェットさんは、Trott氏に対しては、全幅の信頼を寄せているとバフェットの手紙でも書いています。(該当のセクションはこちらです。)Trott氏は、バークシャーのMarmonの買収の手伝いをしたり、昨年のバークシャーによるGoldmanへの50億ドルの投資の仲立ちをしたりしています。

今回のTrott氏を含め、今年に入ってから、主要なファイナンス企業から、ウォールストリートの人材の流出が顕著になってきている様です。財政上あまり思わしくない、株価は低迷、給料・ボーナス支給については、政府や世論からの締め付けがある、と言った状況下で、大手のウォールストリート企業を辞め、自分で会社を興したり、新たな企業に入ってフレッシュスタートする方が良い、と言った風潮が中核を担う人材の間でおきるのも、何となく想像できます。

今から数年後、あるいは、もう少し先になるかもしれませんが、ファイナンスの新興企業の台頭等、業界の勢力図に大きな変化が起きているかもしれません。

参考・関連記事:
Goldman's Trott to Start Firm, With Backing From Buffett
The Wall Street Journal, March 31, 2009, C1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。