スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日(12月20日)の米国市場 

20-Dec.png

各主要インデックスの終値
Dow: 13245.64, +38.37 (+0.29%)
Nasdaq: 2640.86, +39.85 (+1.53%)
S&P 500: 1460.12, +7.12 (+0.49%)

本日のDowとS&P 500は、0.5%程度の上下の幅の中で推移し、昼頃はマイナスでしたが、その後戻して昨日比で少し上昇して終了しています。Nasdaqは他と比べるとかなり好調でした。

本日の主なニュース

Bear Stearnsが四半期の決算を発表しました。結果は予想よりも悪く全体で8億5400万ドルの赤字で一株あたり6.9ドルの損失でした。Bear Stearnsが赤字を計上するのは、会社創立以来初めてのことです。アナリストの事前予想は、一株当たり1.8ドルの損失だったので、予想よりも大幅に大きな損失でした。損失の多くは、サブプライムがらみのCDOによるものだとのことです。Bear Stearnsの株価は、本日上下に大きく変動しましたが、結局0.91%の上昇で終了しています。
関連記事: Bear Stearns has huge loss and cuts executive bonuses

MBIAがCDOへのエクスポージャーが合計で306億ドルあることを発表しました。これは、多くのアナリストが想像していたよりも大きかったため、株価は本日26.17%と大幅に下落しています。尚、アフターアワーズでは、10%位戻しています。
関連記事: MBIA Details CDO Exposure

FedExがカレンダー上の第2四半期の決算を発表しました。結果は、EPS1ドル54セントで、昨年同期の1ドル64セントから下落しています。減益の主な要因は、燃料費の高騰と米国内の景気の減速の影響との事です。FedExは、先月に第2四半期の利益予想を引き下げることを発表していました。第3四半期の見込みとしては、EPSで1ドル15セントから1ドル30セントの間を予想しています。(昨年はEPS1ドル35セント)尚、この予想は、燃料の値段が安定してくることと米国内の景気が更に悪くならないことを前提にしているとの事です。添付の記事のでアナリストのコメントとして、FedExの予想は楽観的ではないか、との見方を示しています。FedExの株価は本日1.06%下落しています。
関連記事: FedEx 2Q Profit Falls on Fuel Costs

市場終了後にResearch in Motion12月1日締めの決算のカレンダーで第3四半期の発表を行いました。結果は、昨年同期に比べ売り上げが約2倍となり、利益は一株あたり65セントで昨年同期に比べ倍以上(EPS31セント)の好決算を発表しました。新規の契約数は165万件で、12月に個人の需要が高かったことが好決算の要因との事です。第4四半期は、一株あたり66セントから70セントの利益を見込んでいるとの事です。RIMMの株価は、本日4.76%の上昇で、決算発表後のアフターアワーズでさらに10%以上の大幅な上昇となっています。
関連記事: RIM 3Q Earnings More Than Double

主なセクター・株の動き

(ファイナンス) 下落しているところが多く見られますが、Morgan Stanley, Bear Stearns, Lehman Brothersは上昇しています。。

(住宅) 殆どが、日中は前日比マイナスでしたが、最終的には上昇しています。

(小売) Target, Wal-Martが下がっているのが目に付きました。特にTargetは2.64%と比較的大きな下落となりました。

(テクノロジー) 全般的に好調でした。上昇で目に付いたのは、昨日好決算を発表したOracleが6.45%の大きな上昇。インターネットと郵送の組み合わせのDVDレンタルを行うNetflixが9.53%の上昇、最近下落が続いていたPalmは今日は11.05%の上昇でした。

まとめ・コメント

発表されたBear Stearnsの結果は、予想以上に悪かったものの、株価は結果的には上昇となっています。昨日、似たような非常に悪い結果を発表したMorgan Stanleyも発表後の昨日に続き今日も上昇しています。上昇の理由は、これを空売り解消買い、悪材料出尽くし、と言った様にも考えられますが、いずれにせよ、今の時点での市場への悪影響はそれ程でもなかった、と言えるかと思います。

テクノロジーに関しては、昨日のOracleの好決算と来年の見込みが堅調であることが、好意的に受け止められて、セクター全体の上昇に貢献したと思います。それにしても、今日のRIMMの予想よりも非常に良い決算結果は、かなりポジティブ・サプライズで、明日のセクターのパフォーマンスに貢献するのではと思います。

一方で、FedExの決算発表結果は、米国内の景気の低迷を示すものなので、あまり油断はできないと思います。

今週の今の時点で、セクターごとに見た場合、Bear StearnsとMorgan Stanleyが予想以上に悪い結果を発表しましたが、ファイナンス・セクターは崩れることなく、変動はあるものの、上昇しています。住宅セクターに関しても、今週は結構底堅い形で推移しています。また、テクノロジーのセクターは、先週まで調整的な形で売られ下落していましたが、ここ3日間は順調です。一方、小売に関しては、ここに来て再び下落する様な傾向が見られてきています。

明日は、決算発表を行う企業は少ないのですが、Circuit CityとWalgreenが発表を行うので、米国国内の小売の状況を知る上では参考になると思います。Circuit Cityは赤字となることが予想されていますが、予想に比べどうなのかが注目です。


この記事へのコメント

いつも 貴重なリポートをありがとうございます。
米国内の景気の減速は 今後の半年程度が最も深刻化するのではないかと 私は考えております。
しかし、米国株価の水準は 織り込み済みとは言えない高いもので
今後の下落も急激なものになる そのシナリオに警戒が必要だと
現時点で心配していますが 杞憂に終わるでしょうか。
 Alpha様は いかが御考えでいらっしゃいますか。
 
  • [2007/12/21 11:23]
  • URL |
  • きょうのいのち
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

きょうのいのちさん、

コメントいつもありがとうございます。

おっしゃる通り米国内の景気がこの先減速すると仮定した場合、それがどの程度現時点の株価に織り込まれているか、と考えるのは非常に理にかなったアプローチだと思います。

まず、現状に関してですが、半年後に景気が深刻な事態になると、多くの投資家が考えていたとしたら、今の株価の水準にはないと思います。しかし、もし市場参加者の多くがその様に(半年後深刻な事態)考えていたとして、今の株価の水準であった場合は、その様に考える多くの投資家が、自分のポジションを縮小するタイミングを計っていると思います。これは、何かのきっかけで、急激な下落を引き起こす可能性が(高い)あると思います。

個人的には、今の時点では、多くの投資家は景気が深刻な事態になるとは、思っていないと思います。ただし、そう考える人も少なからずおり、その様な人たちは、ヘッジの意味も含め、海外の事業比率が高い国際優良企業に投資配分を多くしていると思います。(そのため、DOWが高かった)この傾向は数ヶ月前までは強かったのですが、今は、それがハイテク株に移ってきつつあります。

また、投資対象は、米国の株だけではないので、金への逃避、その他の投資対象へ資金を移す動きも一時期はかなり活発だったと思います。(これは、3~6ヶ月前から顕著になっていたトレンド。人によっては数年前からこのアクションを取っています)

今後に対する考え方、投資の手法は人それぞれ異なると思います。以下に、私の考えを書きます。

私は、投資家が将来の景気に対しての不安から、株式市場内の投資の対象としてはハイテクへのシフトがあるのでは、と言ったシナリオを1年以上前から考えており、結果としてはやっと今、それが起きつつある様に思っています。この先に関しては、米国の経済がどれだけ深刻な停滞となるのか?、また、もしそうなった場合にBRICs等の国の経済がどの程度の影響を受けるのか?と言った点について考えています。

私のアプローチは、ブログにも書いていますが、「市場はこうなる」と考えるのではなく、考えられるシナリオをいくつか想定し、それぞれのシナリオに対して、自分がどう対応するのかを考えています。’急激な下落が起こる’シナリオは、可能性としては少なからずあるので、私の想定するシナリオの中には入っています。逆に、それほど下がらずに、08年は上昇する、と言う可能性もあるので、それも想定するシナリオの中にはあります。

ご心配されている様なので、ご参考までに。個人的な意見としては、今後大幅に下落した場合、自分としてどういった対応をするのかを、考えておく事が良いと思います。例としてですが、個別株をもたれているのであれば、損きりのラインを設定しておく、または、どんなに下がっても保持し続けると決めておく、今のうちにポジションを少し軽くしておく、大幅に下落した場合は、投資を追加する、等々、いろいろな対応があると思います。

投資に対する考え方、経済状況、性格、等、その人によって選択肢は変わると思います。ご参考になれば幸いです。今後の私の投資計画に関しては、来週か再来週にブログにも書くつもりでおります。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alpha75.blog107.fc2.com/tb.php/281-305d0a0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。