スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneで採用される製品を予想する-2 

先週のエントリーでiPhoneで使用されている主要製品の予想を行いました。 

予想通り、いち早く、いくつかのWebサイトでiPhoneを分解して、インターネットに掲載しているところがあります。(技術的によく理解しているサイトでの掲載はまだです。)また、iPhoneで使用されている主要製品の予想の記事等も、発売前に投稿されています。 これらの情報と、私の予想の比較を行いたいと思います。

特に重要な点は、一般的なメディアの記事においての主要製品の予想は、メインのコントローラーは、私の予想でほぼ確実と書いたMarvellではなく「Samsungを使用している」との記事が多く見受けられることです。この予想が当たっている場合の、もっとも考えられるシナリオは、「iPhoneは既存のiPodの主要製品を使用し、それに携帯電話の機能と新たな通信(WiFIやBluetooth)を追加している」ことになります。
確かに、現行のiPodは動画の再生もできるので、現行のIC(Samsung製)をメインに使っている可能性もありますが、iPhoneではOS Xを使用しており、BrowserやE-mailその他のアプリケーションが加わっています。これらの新たに追加されたアプリケーションを処理するためには、高いプロセッサーの処理能力が必要となります。私は、現行のiPodで使用されているプロセッサー(ARM)では、iPhoneの高機能なアプリケーションをサポートするのは厳しいと考えています。

あくまでも、参考までですが、通常、高機能な携帯電話は、アプリケーション処理用に専用のアプリケーションプロセッサーを使用しています。日本の(高機能の)携帯電話は、これに当てはまり、日立のSHと呼ばれるプロセッサーやXScaleと呼ばれるMarvell (元Intel)のプロセッサーを使用しています。また、最近では、情報処理能力だけではなく画像処理能力も求められるため、高性能な画像処理が可能なグラフィックス・コントローラを外付け(別チップ)で使用するケースも増えています。

尚、米国を中心とした地域のビジネスの世界で大流行しているスマートフォン、カナダのRIM (Research in Motion's)のBlackBerryもMarvell のプロセッサーを使用しています。

こう言った外付けのアプリケーション・プロセッサーを使用せず、SamsungのSOC(System on Chip)を使っているのであれば、SOCに内蔵されているプロセッサーを非常な高性能なものに変更する必要があります。ただし、現状ののARMのIPではそれ程、高性能なものは現在ありません。そのため、私はこの可能性は低いと思っています。

私はiPhoneでは、現行のiPodに使用されている製品をAV再生用に使用し(Samsung製)、それとは別にアプリケーション用に新たにプロセッサー(Marvell)を追加で採用していると考えています。

iPhoneを分解したサイトの中で、iFixitのものが写真が良く取れていたのでそこのURLをリンクします。この写真を元に、私の考察を行いたいと思います。尚、実物を見ていないので、間違えがある可能性も高いことを、ご了解ください。

この基板の部分は、基本的にAV機能を実現するためのものだと思います。主に、現行のiPodものを流用している様です。(写真はiFixitのものを借用して、そこで書かれている部品名等を追加しました)
20070702180924.png


こちらの基板は、基本的に携帯電話の機能、無線LAN/Bluetooth等の通信、(そして情報制御用の機能(アプリケーション処理用))を実現するためのものだと思います。
20070702180602.png


iFixitのサイトに書かれている部品名を追加していますが、写真の中にいくつか不明なチップがあります。(Chip A/B/C) iFixitで言及されているコンポーネントが正しいと仮定した場合、私はChip Aはアプリケーション・プロセッサーの可能性が高いと考えております。Chip Cは恐らく携帯電話用のコントローラで、Chip BはアナログICの様に見受けられるので、もしかしたらRFのチップかもしれません(Cは自信ありません。)

最新のMarvellのチップはグラフィックス機能を内蔵したものもあるので、それを使っていた場合、前回予想した外付けのグラフィックスチップが使われていない可能性も高いです。(写真を見る限り)

尚、参考までにiPhoneが発表された今年1月にIntelのExecutiveが質問に対して、iPhoneはMarvellのものを使用していると答えています。(参照)

と言う事で、現時点ではまだ不明な点が多いです。私が想像していたNVIDIAのチップの可能性は少し低くなってきました。(可能性はまだありますが。。。)個人的には、MarvellのXScaleが使われているのか、否かが、非常に興味があります。

写真を見た限り、かなりのチップがカスタムマーキングとなっており、どこの製品で、何に使われているのか、すぐに分からない様に(させている様)見受けられます。そのため、どの製品を使用しているか(確実に)一般に分かるには、まだしばらく(数ヶ月から半年)かかる可能性があります。(技術的には、入手して、調べればすぐ分かるのですが、それが一般的に分かるまでには時間がかかると思います。おそらく今週は、アップルと競合する会社は、社内でiPhoneを分解し、解析を必死で行っていると思います。)

(7月8日からブログ・ランキングに参加することにいたしました。ご協力の程、よろしくお願いいたします。)
banner_01.gif


ブログパーツ

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alpha75.blog107.fc2.com/tb.php/34-18068bd8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。