スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポートフォリオ構成銘柄のレビュー - 続き 

前のエントリーの続きです。

株C
セクター: Non Technology
位置付け: ディフェンシブ+グロース

過去3年間、売り上げは順調に伸びており。昨年の利益は一昨年に対して2倍の大幅な伸びを記録。今年のアナリストの事前予測のコンセンサスは、昨年比25%以上の利益増となっている。 既に、経理上の3四半期は終了しており、後1四半期を残すのみとなっており、最低でも予想のレベルを達成することは、ほぼ確実。Trailing P/E (
過去最新4四半期の利益合計を使用)は約15、次の四半期終了時の予想P/Eは約14.

ここ最近、アナリストの予想を上回る決算を発表、第3四半期に関しての見込みを上乗せしている。仮に今後景気が後退したとしても、堅調に推移する分野の業務内容なので、下ぶれのリスクは少ないと考える。ただし、大きな範囲では属するセクターが、今後、下落すると見込まれており、全体の影響で短期的に株価は下がっている。
短中期の、想定の最安値から最高値のレンジは、Trailing P/Eで12から18を想定(現在15で上下20%の幅)。下落したとしても、次の決算発表後は、今の価格よりは、かなりの確立で上昇すると予想する。

アップサイド: 現在の価格は、アンダーバリューと思っている。アナリスト等が見直しを行い、レーティングをアップグレードすれば、上昇余地は十分にある。(20%アップ程度)

ダウンサイド: 特になし。全体の市場ムード等で、必要以上に売り込まれる可能性程度。

問題点: この株の一部はCallオプションで保有しており、近々期限が切れる。本来は、決算発表後、処分の予定だったが、大きく上昇しなかったため、保有を続けている。現時点では、執行価格が市場価格を上回っているため(Out of Money)、このままでは、大幅なロスになる可能性がある。

アクション・プラン: オプションに関しては、来週の動向によっては、一部処分を検討する。(ロス確定) 現物株は長期所有の予定。 

株D
セクター:  Technology
位置付け: グロース

小型株で、ニッチマーケット向けに特化。対象市場は、それ程大きくないものの、今後順調に伸びていくと予想される。その市場内ではリーダシップ・ポジション。景気の悪化も受けにくい分野の製品である。売り上げは、過去3年間順調に伸びており、殆どの四半期で安定して利益を出している。Trailing P/Eは、現時点で13を切っており、P/Sは約0.5。アナリストはフォローしていない。

小型株の割には、売り上げ、利益が安定しており、しかも市場は今後も伸びていくと推測している。(ただし、それほど劇的ではない。) 競合他社との関係でも、劣っておらず、今後も安定して売り上げ、利益を伸ばすと推測している。アナリストがフォローしていないため、取引数量は少なく、殆どノーマークの会社である。はっきり言って、この株は、大穴ねらいで私の隠し玉である。将来、必ず上がる時があると思っている。目標は、現在の価格の3倍程度。(それ以上は、根本的にビジネス環境が変わらない限り、望みすぎ。)

短中期の、想定の最安値から最高値のレンジの予想は難しいが、現行価格から20%低い値が最低値、上は30%程度が想定される幅と思う。例年、Q3,Q4は、利益が低いのだが、今年そのトレンドを打ち破れば、この市場環境の中でも、短期上昇する可能性はあると思う。ただし、20%程度アップすれば上出来。

アップサイド: 現在の価格は、明らかにアンダーバリューと思っている。アナリストがカバーしていないマイナーな銘柄ではあるが、それだけに、アナリスト等のプロが注目しだした場合、大きく上がる可能性はある。(ただし、その日がくるのは、相当先になると思う。)

ダウンサイド: 小型株のため、情報が少ない。何か隠されている問題等が露見する等、不測の事態が起きないとも限らない。後は、特になし

問題点: 特になし

アクション・プラン: 引き続き、長期保有が原則。 Q3の決算発表後、大きく上昇した場合は、一部利益確定を検討。


(長いエントリーに最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。)
banner_01.gif
人気blogランキングへ

ブログパーツ


この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alpha75.blog107.fc2.com/tb.php/89-2b6c3fdd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。