スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の市場状況の分析 

まず最初に、現時点での株式市場の状況について、把握したいと思います。現時点での主要インデックスの推移を、年初、第2四半期末、そして先週の末で見た場合、以下の様になります。
20070729175209.png

(読み辛くてすみません。読めない場合は、クリックして見てください)

先週、かなり下がりましたが、年初から見た場合の主要インデックスは、今の時点ではまだプラスです。ただし、小型株中心のインデックス、Russell 2000は先週の下落により、年初から見てもマイナスの領域に入ってしまいした。 (ただし、S&P Small Capital 600 はまだ、年初と比較しても、プラスです)

今の時点では、下がってはいるものの、大型株中心のDOW Jones Industrialとテクノロジー株中心のNasdaqは堅調な状況です。

次に、ここ2週間の間にあった主要なニュースを以下に記します。

‐ 金融セクターは、殆どが第2四半期は非常に良い決算を発表。
‐ しかし、サブプライムローンの問題が広がりつつあることが明らかになる。
‐ Private EquityやHedge Fundによる、発表済みの大きなM&Aの案件で、資金調達の問題で、キャンセル、延期になるものがでてきている。

‐ 石油関連大手は、好決算を発表。(しかし、アナリストの予測には届かず)

‐ 6月の新築・中古住宅の販売状況は、予想よりもさらに悪いことが判明。
‐ 住宅販売メーカーはことごとく、赤字に転落。回復には時間がかかるとの見通し。大方が、2008年中は厳しい状態が続くとの見方。
‐ 住宅ローン米国最大手のCountrywideが、減益を発表。原因は、プライムローンのホームエクイティの破綻の増加と発表。サブプライムから、プライムへと問題が広がってきている。

‐ Caterpillar, DuPont, PepsiCo等が、堅調な決算を発表。しかし、米国外のビジネスが好調ではあるものの、米国内向けのビジネスが低迷していることが明らかになる。

‐ ハイテク関連の企業では、大手が好決算を発表。(IBM, Apple, 他)
‐ テクノロジー関連の企業の決算は、大方がアナリストの予想に近い結果

Commerce Departmentは第2四半期のGDPは、年換算で3.4%上昇の上昇ペースで、2006年第1四半期に次ぐ良好な伸びであることを発表。しかし、消費支出が減少しており、米国景気の前途に暗雲が立ち込めている状況が判明。

ここで、The Big Pictureの27日の”Durable Goods & GDP"エントリーで引用されていた、過去のGDPの伸びの内訳のグラフを添付します。(出典: The Mess That Greenspan Made (かなり過激なタイトルですが、内容はかなりまともそうです。))
続きを読む

第2四半期決算発表から見た市場動向の分析・考察 - 住宅・建設 

以下は前回前々回のエントリーの続きです。ここでは、テクノロジーセクターに関して取り上げます。(住宅・建設セクター)

住宅メーカーの一部大手は、今週発表の予定。殆どの会社が、事前に見込みを発表しており、のきなみ赤字になりそうな状況。尚、大手住宅メーカー2社、LennarとKB Homeは、6月の末に決算を発表しており、両者とも赤字に転落。主な会社の決算発表と状況は以下の通り。

‐ Toll Brothers (8月8日発表予定)
‐ KB Home: 6月28日に第2四半期決算を発表。赤字に転落。
‐ Lennar: 6月26日に第2四半期決算を発表。37%の売り上げダウン、前年同期$324Mの黒字から、 $244Mの赤字へ転落。
‐ Pulte Homes: 7月17日に、第2四半期はかなりの赤字になることを事前に発表。公式の決算発表は、7月25日の予定。
‐ D.R. Horton: 7月10日、第2四半期の受注は前年に比べて40%も下落していることを明らかにした。このことから、赤字に転落することは、ほぼ確実。公式の決算発表は、7月26日を予定。
‐ Meritage Homeは、暫定的な数字として、受注が前年に比べ、28%下落、キャンセルがグロス・オーダー(総受注?)の37%に達していることを明らかにした。決算発表は、7月26日を予定。(赤字の見込み)

上記、主要住宅メーカーは、恐らく全ての会社が、赤字に転落する見込み。市場は、2008年も引き続き下落するだろうとの見方が大勢をしめてきている。尚、KB HomeのCEO, Jeffrey Mezgerは、回復基調になるのは、2009年で、本格的な市場回復は2010年になるとの見方をしていることが、一部のメディアで報道されている。

7月25日に6月の中古住宅の販売数の発表、そして、26日には、新築住宅の販売数の発表が予定されている。販売が低迷していることは既に明確なので、結果が予想と比べてどうなのかが、当面の注目されている事項である。

また、住宅市場の低迷が、住宅関連の部材の小売の大手、Home DepotとLowe‘sの株価の動向に影を落としている。

7月16日の週の決算発表で、大きなニュースとなったのが、20日に決算を発表した建設機器大手のCaterpillarで、利益がアナリストの事前予想に届かず、株価は8%以上の大幅な下落となった。Caterpillarの利益の低迷の原因は、北米の建設マーケットの需要の冷え込みと、高騰する建設費とのことで、これがCaterpillar固有の問題か、業界全体における問題なのかで、現在、見方が分かれている。

続きを読む

第2四半期決算発表から見た市場動向の分析・考察 - テクノロジー 

以下は、前のエントリーの続きです。ここでは、テクノロジーセクターに関して取り上げます。

(テクノロジー・セクター)

テクノロジーのセクターは、全体的には堅調である。今週の決算発表とその後の株価の動きは、このセクターの特徴である好業績をあげる企業と、そうでない企業の差が明確で、決算とその後の株価の動向でも明暗を分けた。主な、企業の決算状況は以下の通り。

‐ IBMがここ数年の中で、最も高い売り上げの伸び(前年同期比9%増)で、純利益も前年同期比12%増の好決算。ドル安が高売り上げ・収益にかなり貢献している。株価はここ数年で最も高い水準になっている。
‐ Intelは、売り上げ8%増、純利益44%増の好決算を発表。決算結果は、ほぼアナリストの事前予想通り。しかし、グロスマージンが、46.9%とターゲットの48%を下回ったため、今週株価は5%以上の下落。(ただし、今年年初から比べた場合は、株価は25%近く上昇している)
‐ Yahooは、利益が昨年とほぼ変わらず(微減)、今年一年の売り上げ予測を下方修正を発表。
‐ Microsoftは利益が7%上昇。(X-Boxのリコール分があるにもかかわらず) 売り上げは13%上昇。Office 2007の売り上げが19%上昇で、売り上げ増に貢献。
‐ Googleは売り上げ57%増、純利益28%増。しかし、アナリストの予想を下回ったため、決算発表後、株価は5%以上下落。
‐ EBayは、純利益が50%増の好決算を発表。しかし、リスティングの数が減少していることから、株価はやや下落。
‐ Motorolaは、売り上げは前年比、19%減、利益が昨年の$1.38Bの黒字から$28Mの赤字に転落。携帯電話事業は、昨年に比べ、売り上げが40%も減少。
‐ SanDiskは、減益なものの、売り上げは15%上昇。今年の後半に向けて、NANDの市場価格回復と利益の上昇を見込むと発表、株価は上昇。
‐ SeagateはTaxのAdjustmentによる大幅な利益増を発表。Taxの部分を差し引いた数値は発表していいないが、アナリストは決算発表を好感して株価は上昇。

上記テクノロジー関連の主要会社(以降ハイテク株と呼ぶ)の決算発表と株価の動きは、ある意味では、いつも通りの展開であった。 ハイテク株の決算発表後の株価の動きは、その時点での市場のムードに影響されやすく、また値動きも極端である。インテルとグーグルは、好決算にもかかわらず、アナリストの期待を下回ったことによる、落胆からの、株価の下落と考えられる。YahooとMotorolaの凋落は少なくとも、短中期的には、明確になった。 IBM、Googleの決算発表でも注目されていたが、大手のハイテク企業は、殆どグローバルにビジネスを展開しているので、少なからずドル安(対円以外)の恩恵を受けているとみられる。

上記、主要企業に加えて、SanDiskとSeagateを入れたのは、この2社の動きは、今年後半のハイテク市場内のメモリー・ストレージ(記憶装置)のトレンドを占う上で、重要な要素を持つためである。 (これらに関しては、後日、別エントリーで取り上げる予定です。)

また、Appleは今週市場が下落する中、堅調に推移した。来週の決算発表を先取りした動きと考えられる。

続きを読む

第2四半期決算発表から見た市場動向の分析・考察 - 金融セクター 

7月16日から20日にかけて、多くの米国企業が決算を発表しました。 会社の決算カレンダーにより、来週以降に発表する企業も少なからずありますが、ここで、今週の決算発表結果から、市場動向を分析してみたいと思います。 まず、決算発表での注目が高かったものに関して、セクター別に取りまとめて、今後の動向の考察をエントリーします。(後でエントリーをまとめなおすかもしれません。あらかじめご了承下さい)

(金融セクター)

ファイナンス関連の企業は、殆どの大手の会社が非常に好調な決算を発表。主だったところは以下の通り。 (銀行に関して、3社取り上げていますが、これらが、全米のトップ3です。これら以外にWachoviaとWells Fargoの主要銀行も決算を発表しています)ほとんどの会社の好決算の要因はインベストメント・バンキング業務での売り上げ・利益の伸びが貢献しているとのこと。

Merrill Lynch: 前年同期比で、売り上げが19%増、純利益は31%増 (以下全て、売り上げ、利益の伸びは前年同期比)

Bank of America: 売り上げ7%増、純利益5%増、インベストメント・バンキング業務の伸びが売り上げ・利益増(26%増)に大きく貢献。

JP Morgan Chase: 売り上げ25%増、純利益20%増

Citigroup: 売り上げ34%増、利益18%増

上記ファイナンス関連会社の第2四半期の結果は、アナリストの事前予測と一致、または上回る決算を発表しながら、株価は今週下落している。Bear Stearnsが今週明らかにしたサブプライムローン関連のヘッジ・ファンドの破綻が、今後、他の会社にも波及し収益を悪化させるのではないか、との懸念が大きくなっている。また、FRBのBernanke議長がサブプライムローンに関する問題に関して今後の市場の不安要因と認め、サブプライムローン関連のロスは、最大$100Bに達するのではとの見方をしたこと、また、今の時点ではFRBは金利を引き下げる姿勢を見せていないことなどから、ファイナンス・セクターの今後の見通しの不安要因になっていると考えられる。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。